あつし☆ミのスポーツ日記

スポーツ日記とファンタジーNBAの日記です。

スポンサーサイト

--------
スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NBA オフのトレード その5 ORL⇔NJ&NY⇔MEM

2009-06-29
NBA
ネッツとマジック、ニックスとグリズリーズでトレードが行われました。

先に小者同士のトレードのニックスとグリズリーズをw


<ニックス>
D・ミリチッチ獲得

<グリズリーズ>
Q・リチャードソン+金銭獲得

ニックスはダントニの就任でQの活躍を期待しいたが特に変化がなかったので、ビックマン不足が深刻だったためミリチッチを獲得

ラン&ガンスタイルには7フィッターの走れるビックマンは魅力的
お互い来季で契約切れですが、過剰なスイングマン放出での獲得なら割のいい賭けです

対するグリズリーズはドラフトでビックマンのサビートを獲得したので、いまいちのミリチッチを放出しQ獲得
シューターが不足しているわけではないと思います。ゲイ、コンリー、メイヨともに毎試合平均1本は決めてる訳ですから
狙いはサビートの起用時間の確保でしょう。
ミリチッチがいるとどうしても起用せざる得ないので それならばと放出

サビートが期待通りの選手ならいいのですが、アフリカのビックマンにありがちな期待はずれだった場合は。。。。
長年2位ってはずれ気味w古くはサム・ブーイ、そしてミリチッチもw
ついでに上位ビックマンもはずれ気味wクワミ、オロワンキャンディ、ミリ。。。。。

サビートのはずれ率たけえ~w



それではメインを

<ネッツ>
 レイファー・アルストン     
 コートニー・リー        
 トニー・バティ

<マジック>
ビンス・カーター
ライアン・アンダーソン

ネッツは明らかなサラリー整理
ここまで整理しちゃうとまともなのはハリスだけ サラリーの枠は5000万近くあることになるが
この状況で来年迎えて大物が来てくれるんでしょうか??

どこもそうですが来オフに熱心にサラリー空けも結構ですが、ある程度戦えるんじゃないかって言う構成にしとかないと来年収穫無しっていう悲しい結果にならないか心配です。

ファイナルで起用で揉めたアルストン獲得したけど、ハリスいるし大丈夫なんだろうか??
もう1回トレード??
でもでも今年のドラフトでPGは豊作だし、FAもキッド、ビビー、ミラー等例年以上に多い中できるんだろうか??


マジックは地元っ子のビンス獲得で普通なら大喜びなんでしょうが、今年はちと状況が違う
ファイナル進出の立役者のタコールーがFAに

ハワードとタコールーだけは残しておかなきゃいけなかったのに。。。。

今マジックのロースターは8名で6800万$、タコールーと契約するとしても あと3人とは契約
100万$×3人としても300万$
この時点で7100万$ ラグジュアリータックス寸前 てかややオーバーかも
それでタコールーと契約すると契約金額=罰金です

ビンス獲得はタコールーを諦めたといわれてもしょうがないでしょうね。

でもタコールー諦めてもマジックにはPFの弱点は未だ埋まらず
イースタンではPFルイスが他チームに効いてましたが、LAには駄目でした。
来季はどこもPFルイス対策をするのは確実なので、このままではOUT

その為にはやっぱりPFの獲得は必須
ここはルイスを放出したいんだけど無理なので

タコールーをネタにサイン&トレードでビックマン獲得するしか道はないはず

もーね、どっちにしろPFは必要なのよ
そーなるとPFが余剰で、SG、SF気味のところを探すと

クリッパーズしかないわけですよ
今期のトレード相手はひたすらクリッパーズしかないかもw

Bデービスがゲームメイクに?なので PGを必要としてる。拡大解釈してゲームメイクする人欲しいと脳内変換w
実績ありのターコルー出して、解決!!
スコアリングPGのバロンとゲームメイクできるSGタコールーでクリッパーズ的にもOK

これでキャンビー出してもらえばグリフィンの時間も確保
ついでにデアンドレ・ジョーダンも出してもらってバックアップも補強

マジックにはこれしかない!!

これでマジックは
PG ネルソン
SG カーター
SF ルイス
PF キャンビー
C  ハワード
6th ピートラス

これで十分じゃね??
フロントラインにDジョーダン補強でキャンビーのもしもにも対応
守備職人、未完の怪物 さらに未完の怪物 見てみたいなぁ~
これでゴータッドと再契約できなくてもOKじゃね??

夢物語を書きましたが、マジックはきっとこのまま補強できずで終わるんだろうなぁ~
キャンビーをマジックで見てぇ~なぁ~


次はドラフトネタ書きたいなぁ~
スポンサーサイト

テーマ: NBA
ジャンル: スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

グリズリーズ

コンリーとメイヨはともかく、ゲイは3ポイントシューターではありません。
35%しか決めないのに、1試合3本も打たれると、はっきり言って迷惑です(笑)


「アフリカのビックマンにありがちな期待はずれ」
と言うのが良くわかりません。
期待はずれというと、期待されている選手でないといけないわけで、
ドラフト下位で取られて結局開花しなかった、という選手には当てはまりません。

ドラフト上位で取られたアフリカのビッグマンというと、
確かにオロウォカンディ、ジョップ、セネは期待外れと言えそうですが、
最近だとオカフォーがいますし、昔ならオラジュワンとムトンボがいます。


「2位ってはずれ気味」や、「上位ビックマンもはずれ気味」
と言うのは、はずれだけに注目すればもちろんリストアップ出来ます。
同時に、あたりだけに注目してもリストアップ出来ます。
印象論ではなく、1位や3位、上位のガードなどと比較してみないとどうとも言えないのでは?

ボウイーは古過ぎるのでコメント出来ませんが、
ミリチッチは、ヨーロッパでもほとんど試合に出ていなくて、
ドラフトキャンプの評価で2位になった選手。
クワミは高校出で、ジョーダンの一声で1位になった選手。
オロウォカンディは、無名パシフィック大出身。

(アリクロでも書きましたが)サビートはアフリカ出身ですが、
隠れようのないコネチカットで3年やっていたので、比較対象が違うと思います。

さすがの答え

毎試合1本以上決めても 迷惑系ですかw

はずれについては分析しようと思えばできるんでしょうが
一個人のブログの記事なのでそこまで深くは。。。。
印象論で勘弁してください

ミリ、クワミ等の事も書いてますが、きっと上位に値しない指名だったって事を伝えたいんだと思いますが
試合に出てなかろうが、無名校だろうが、上位指名は上位指名ですよ

サビートは上位校で3年やって実力は本物だって事が本当だといいのですが、、、、

あつし☆さん

上位に値しない指名だったとは言っていません。
言いたいのは、
当たり外れの幅が広いであろう指名だった、と言う事です。

高校出の選手は、コービー、レブロン、KGなど、
100点満点の大当たりがいますが、
10点にもならないような大外れも沢山います。
高校ですでに注目されるだけのポテンシャルがあるのは確かですが、
まだそれを実際のものに出来るかどうかは、
大学でのプレーさえ見ていないのでわかり辛い、と言う事です。

有名校で活躍して、それを長年見てきたスカウトにNBAでも使える、
と言われている選手は、50点くらいはほぼ確実に取れます。
ただ、大学3年になるまで出てこなかったというのは、
NBAのチームにそこまで欲しがられていなかった、
つまり、大当たりの可能性がそこまで高くないという事でもあります。

値するかどうかではなくて、
ムラが大きいか小さいか、それだけの話です。

Template: akarenga2cL

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

Copyright © あつし☆ミ All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。